もう少しでトイレの水が溢れそうといったトイレの詰まりで悩んでいるご家庭は世の中には多くあるようです。そうしたトイレの詰まりの原因は、ボックスティッシュを流してしまったことが原因であることが多いと言われています。とくに、マイカーを持っていない男性の一人暮らしの場合には、スーパーマーケットで買い物袋に入りきらないような大きなトイレットペーパーを手に持って買ってくるのも大変ということで、ついついボックスティッシュを使ってしまうことが想定されます。あるいは、今までトイレットペーパーを使っていたという方であっても、その後トイレットペーパーを買いそびれてしまいボックスティッシュを使っていたことが原因という場合もあるようです。

中には、生理用のナプキンや紙おむつをトイレに無理矢理流しているという方の場合にも当然起こり得ることでもあります。もちろん、トイレットペーパーだけを使っていたという方の場合であっても一度に大量のトイレットペーパーを流し過ぎると、やはり同じようなトラブルが発生する可能性があると言えます。

そこで、そうしたトイレの詰まりの対処方法についてですが、近年多くなっているセンサーに反応して水が流れるという仕組みのトイレの場合にはとくに注意が必要です。そうしたトイレの場合には、水の詰まりを直す前にまずは電源を切らないといけないでしょうね。また、コンセントからプラグを抜く際にも濡れた手で触ると感電する可能性もあるので、そうした注意も必要になってくると思われます。

その他にも、トイレのタンクに付いているレバーを回すと水が排水されるために、排水管の元バルブも閉めて水が追加して流れないようにする必要もあるでしょうね。次に肝心要の詰まり対策ですが、一般的にはトイレ専用の市販クリーナーが排水口に流れるようにラバーカップを使う方法がベターでしょうね。トイレの詰まりは匂いも大変なので要注意ですね。