最近の水道の蛇口のトラブルで最も多いのが、蛇口からの水漏れのようです。一般の住宅の場合はそうでもないのですが、ワンルームなど部屋数の少ないお家の場合には、蛇口からポタポタ・・・気になって眠れません。と言った方も中にはいらっしゃるでしょうね。とりわけ、水道のハンドルをキチンと閉めたという場合でも蛇口からポタポタと水が漏れるのは、水道のハンドルの下にあるパッキンが劣化している場合がほとんどです。何年かするとパッキンは劣化するので、定期的に交換する必要があります。

しかも、ポタポタと落ちる水の音が気にならないという大きなお家であっても、水の無駄使いになるので経済的にロスなのは明白です。そうした水漏れの場合、わざわざ水道屋さんを呼ばなくてもホームセンターに行けばパッキンの交換部品くらいは安価で販売されています。

例えパッキンの交換の仕方がわからなくても、ネットでパッキンの交換方法と入力をして検索をすれば、容易に交換方法を記したサイトに行き着くことも可能です。そして、スパナやプライヤー程度の工具さえ準備すれば、素人でも簡単にパッキン交換くらいはできます。そうした簡単なDIYを行うだけで、日用大工にも関心が生まれるようにもなってきます。製造工場であれば、自分が運転する機械は自分でメンテナンスを行うということが鉄則のようになってきていますが、お家の場合においても同様のことが言えるでしょうね。とくに、水道関係は毎日キッチンで料理をする上においては、必要不可欠の部分でもあるのでトラブルが発生したらすぐに対処するという心がけが大切でしょうね。

我が家の場合には、お湯と水が出るような混合水栓式になっているのですが、ネットなどで調べているとそうした複雑な構造の水道の場合でも丁寧にパッキンの交換方法が記載されているサイトがあります。こうしたサイトがネット上にたくさんあると大変便利なので有り難いものです。