以前、我が家のキッチンの排水溝から悪臭が漂ってきたことがあったのでその対策法を知人に伺ったのですが、知人の話によると「排水溝の臭いには重曹がいいらしいよ」と言ってました。ちなみに、ネットで調べてみたのですが、匂いだけでなく排水溝の詰まりにも重曹やお酢・ぬるま湯などは有効なのだそうですね。もちろん、最近ではパイプの詰まりには〇〇といったような宣伝がテレビではよく放送されているので、そうした市販の商品の中にも効果的な物がたくさん出回っているのかもしれませんね。

それと、ラバーカップもあると便利でしょうね。とくに排水溝が詰まって水が停滞するという事態にまではなっていなくても、悪臭がするということは排水管の内側に食べ物のカスがヘドロ状態になってこびり付いている可能性があります。従って、そうしたヘドロが摩擦抵抗となって大きなゴミが流れにくくなってしまうということも想定されます。

そうした将来的に起こる可能性のあるリスクというものは、被害が出ていない時からそれなりにリスクを軽減するような対策をしておく方が得策と言えるでしょうね。そうした意味においては、排水管の内側のヘドロを重曹なり市販のパイプクリーナーを使用して排水管の流れをスムーズにしておくということも必要なのかもしれません。とくに、キッチンというのは主婦が一番大切にすべき場所でもあるので、主婦の方であれば当然のことですがそうした事前の対策をすべきなのかもしれません。万が一そのまま放置しておくということをするならば、近い将来ゴミが詰まって水が停滞するようにもなるでしょうね。

そうしたことを想定するならば、軽い対策で済むような今のうちにしかるべき処置をしておく方が、後々起こるであろう排水管のゴミの撤去という大変な事態を免れることに繋がるでしょうね。少なくとも料理好きな方であれば、その程度の予備知識は持っておく必要があるのかもしれませんね。